本物のカウンセリングを体験する

AGカウンセリングオフィスのキャリアコンサルティング技能検定2級・実技試験対策講座では、講師による「個別カウンセリング(50分/回)」を「論述対策」・「面接対策」受講前に必ず受けていただきます。

「個別カウンセリング」の目的は、講師と受講生の間に「信頼関係=ラポール」が構築された状態で、受講生に安心して講座を受けていただくためです。 信頼関係が構築されていない状態では、講師の指導を「心から受入れる」ことができず、面接スキルの向上は見込めません。 このため、AGカウンセリングオフィスでは、「個別カウンセリング」を講座の重要なカリキュラムの一つとして組み込んでいます。

受講が初めての人へ

講師は、実務経験豊富なカウンセリングの専門家です。 専門家の「カウンセリング」を実際に受けた経験をお持ちの受講生は、少ないと思います。 専門家の「カウンセリング」を心身で感じることで、「カウンセリングとはこういうことか」ということを受講生に体感していただきます。 カウンセリングでは、カウンセラーがクライエントと「信頼関係=ラ・ポール」を形成することが、非常に大切となります。 「心理的安心感とはこういうことか」、「信頼関係が構築されるとはこういうことか」と言葉ではなく、心で感じてください。

「個別カウンセリング」受けることで、2級実技(面接)試験の4つの評価区分のうち「基本的態度」と「関係構築力」が、なぜ評価区分に入っているのか、キャリアコンサルタントの資質として求められているのか理解できます。

受講が2回目以上の人へ

AGカウンセリングオフィスの「(旧)キャリアコンサルティング技能検定2級試験対策講座 」を過去受講された方、「実技試験対策講座」を受講するのが2回目という方も、「個別カウンセリング」を受けてもらいます。

過去の試験結果をお持ちいただき、”今回”の実技試験対策の目標を講師と一緒に考え、設定していただきます。 この「個別カウンセリング」をつうじて、2級実技(面接)試験の4つの評価区分のうち「問題握力」と「具体的展開力」の本質を体感でき、ご自身のレベルアップに必ずつながります。

受講申込みフォームはこちらから


他の実技試験対策講座のプログラム

論述試験対策へ 面接事例検討へ 面接試験対策へ 面接試験対策総仕上げへ