受講申込みフォーム

以下の申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。

    ■ 以下の「プライバシーポリシー」を必ずお読みになり、「【プライバシーポリシー】に同意する。」にチェックしてください。

    <プライバシーポリシー>

     私たちは、個人情報保護法その他の法令を誠実に遵守し、顧客情報を次のとおり管理します。

    1. 利用目的を明らかにします
    私たちは、顧客情報を取得するときは、あらかじめその利用目的を本人(本人が未成年者のときは、保護者)に明らかにします。 利用目的を変更するときは、本人(本人が未成年者のときは、保護者)の同意を求めます。

     利用目的
    (1) 心理療法および各種カウンセリング、心理検査の提供
    (2) その他相談サービスの提供
    (3) 各種講座および講演、セミナーの提供
    (4) 顧客に対するサービスおよびイベント情報の提供
    (5) 各種サービス料の請求および決済・支払
    (6) 広報物、PR資料作成の参考データ
    (7) 新規サービス開発のための参考データ
    (8) 経営戦略および営業方針決定のための参考データ
    (9) 学術研究(事例検討含む)のためのデータ

    2. 適正な手段で取得します
    私たちは、顧客情報を公正・明朗な手段で取得します。いかなることがあっても、不正な手段で顧客情報を取得することはしません。

    3. 利用目的の範囲内で利用します
    私たちは、取得した個人情報を利用目的の範囲内に限って利用します。 利用目的の範囲を越えて利用するときは、あらかじめ本人(本人が未成年者のときは、保護者)の同意を書面にて求めます。
    ただし、次の利用目的の例外に該当する場合は、その限りではありません。

    利用目的の例外
    (1) 法令に基づく場合
    (2) 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
    (3) 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
    (4) 国の機関、地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることによりその事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

    4. 正確かつ最新の状態で管理します
    私たちは、顧客情報を利用目的の範囲内において、正確かつ最新の状態で管理するものとします。

    5. 本人の同意を得ることなく第三者に提供しません
    私たちは、顧客情報を第三者に提供するときは、あらかじめ本人(本人が未成年者のときは、保護者)の同意を書面にてもとめます。 本人(本人が未成年者のときは、保護者)の同意を得ることなく、顧客情報を第三者に提供することはしません。

    6. 安全に管理します
    私たちは、顧客情報が外部に漏洩したり、改ざんされたりして顧客に迷惑をかけることのないよう、顧客情報管理責任者を置いて、安全に管理します。

    7. 本人から求められたときは開示します
    私たちは、本人(本人が未成年者のときは、保護者)から顧客情報の開示をもとめられたときは、本人(本人が未成年者のときは、保護者)に開示します。 また、内容の誤りについて訂正または削除を求められたときは、訂正または削除を行い、本人(本人が未成年者のときは、保護者)に書面にて通知します。

    8. 苦情の申出に誠実に対応します
    私たちは、顧客情報の管理について、お客様から苦情の申出があったときは、事実関係を調査し、誠実かつ迅速に対応します。

    9. 個人情報相談窓口を設置します
    私たちは、お客様からの顧客情報の開示の求め、顧客情報の訂正または削除の求め、苦情の申出等に、誠実かつ迅速に対応するため「個人情報相談窓口」を設置します。

    個人情報相談窓口
     対 応: 平日 10:00~19:00 
    ※ただし、夏季・年末年始・その他臨時休業日を除く
     電 話: 03-5565-4177
     FAX: 03-5565-4188
     メール: info(a)agc-office.com
           ※(a)を@に置き換えてください。

    10. 社員の教育研修を行います
    私たちは、顧客情報の管理の重要性に対する認識を深め、その適正な管理を行うため、社員に対して教育研修を行います。
    万一、個人情報保護法、その他の法令に違反する事案が生じたときは、会社を挙げて問題の解決に当たり、原因の究明、再発の防止に努めます。
    さらに、生じた事案について、社内外に対し迅速かつ的確な情報公開を行い、その説明責任を果たすとともに、関係社員を厳正に処分します。

    2017年4月14日

    AGヒューマンサービス株式会社
    代表取締役 中里 文子

    (改定履歴)
    第1版 2015年4月1日
    第2版 2017年4月14日

    【プライバシーポリシー】に同意する。(必須) 

    ■ キャリアコンサルティング技能検定2級・個人レッスンに申込みますか? (必須)
    はい

    ■ 氏名 (必須)

    ■ ふりがな (必須)

    ■ 性別

    ■ 生年月日(必須)
    ※西暦でご入力をお願いします。(入力例: 2017/06/20)

    ■ メールアドレス (必須)
    ※正確にご入力のうえ、送信前に必ずご確認ください。
    ※携帯メールアドレスは、弊社からのメールが届かないことがありますので、ご遠慮ください。 (例:@docomo.ne.jp、@softbank.ne.jp、@i.softbank.jp、@ezweb.ne.jp、@emobile.ne.jpなど)

    ■ ☎ 電話番号 (必須)
    ※「-(ハイフン)」なしで、正確にご入力のうえ、送信前に必ずご確認ください。

    ■ 〒 自宅郵便番号(必須)
    ※「-(ハイフン)」なしで、正確にご入力ください。

    ■ 自宅住所(必須)

    ■ 領収証の宛名
    ※領収書の宛名が「請求書の宛名」と異なる場合のみ記入してください。

    ■ お支払い方法

    ■ 受講方法(必須)

    ■ 事例検討の希望日時(所要時間:50分)(必須)
    ● 「ご対応可能な曜日と時間」をご確認の上、異なる日時で、ご希望を3つ以上記入してください。
    ● 同一試験回で、2回目の個人レッスン申込みの場合は、「受講済み」とご入力をお願いします。
    ● [記入例:第1希望 4月3日(月)17:00~21:00]

    ■ 個人レッスンの希望日時(必須)
    ● 「ご対応可能な曜日と時間」をご確認の上、異なる日時で、ご希望を3つ以上記入してください。
    ● [記入例:第1希望 4月14日(金)18:00~21:00]

    ■ 以下の「キャリアコンサルティング技能検定2級・個人レッスン受講約款」を必ずお読みになり、
    「【受講約款】に同意する」にチェックしてください。

    <キャリアコンサルティング技能検定2級・個人レッスン受講約款>

    2021年4月13日改定

    本約款は、AGヒューマンサービス株式会社(以下「甲」という)が実施するキャリアコンサルティング技能検定2級・事例検討及び個人レッスン(以下「講座」という)に適用される条件を定めたものです。受講希望者(以下「乙」という)は、本約款に同意したうえで受講の申込みを行ったものとみなします。

    第1条 受講契約の成立
    受講契約は、以下の①から④の手続きが完了し、甲が乙に受講案内書を送信した日をもって成立する。
    ① 乙が甲のHPより講座受講申込みフォームに必要事項を記入し、送信する。
    ② 銀行振込みの場合、甲が乙に講座受講料、支払い期日および指定銀行口座を記載した請求書をEメールに添付する形式で3営業日以内に送信する。クレジットカード決済の場合、甲
    が乙に、決済代行会社(Square)経由で、講座受講料、及び支払い期日を記載した請求書を3営業日以内に送信する。
    ③ 乙は、甲の発行する請求書にもとづき講座受講料の全額(分納は認められない)を指定銀行口座への振込み、またはクレジットカードで決済する。銀行振込み、およびクレジットカード決済に関わる手数料は、乙が負担する。
    ④ 甲は、講座受講料の全額が支払われたことを確認した後、乙に対して受講案内書を3営業日以内にEメールに添付する形式で送信する。乙は、「実技(面接)試験 ロールプレイケース内容」を試験実施機関から受領している場合、それを速やかに甲と共有する。

    第2条 講座の実施
    甲は、受講案内書に記載した日時に講座を実施する。ただし、自然災害などやむを得ない事情がある場合には、日時等を変更または代替措置を講ずるも。

    第3条 受講の条件
    次の条件に該当する場合は、乙は講座を申込みできない。
    ① 乙が心の病で治療中の場合。
    ② 乙が甲の心理カウンセリングを利用している場合、及び心理カウンセリングの終結(終了)から原則として1年を経過していない場合。

    第4条 受講契約の解除(キャンセル
    1. 乙による受講契約の解除は、甲指定のEメールアドレスまでEメールにより行う。
    2. 講座実施前に受講契約を解除する場合、以下の基準を適用する。
    ① 各予約日時から起算して1週間前までに、乙が甲指定のEメールアドレスまでEメールで申し出た場合、甲は乙の支払った受講料より事務取扱手数料3,000円と振込手数料を控除した金額を乙指定の銀行口座へ返還する。
    ② 各予約日時から起算して1週間前を経過し、各予約日時の2日前までに、乙が甲指定のEメールアドレスまでEメールで申し出た場合、甲は乙の支払った受講料よりキャンセル料として受講料の20%相当分、および事務取扱手数料3,000円と振込手数料を控除した金額を乙指定の銀行口座へ返還する。
    ③ 各予約日時の前日以降のキャンセルの場合、原則として、甲は乙の支払った受講料全額をキャンセル料として徴収し、乙へは返還しない。
    3. 甲は、次の各号の一に該当するときは、受講契約を解除(キャンセル)することができる。この場合、講座受講料は返金しない。
    ① 乙が犯罪行為、反社会的行為、又は著しく公序良俗に反する行為をした場合。
    ② 乙が受講中に講師、実技指導者等の指示に従わず、又は講座の進行に支障を及ぼすなど、乙の受講が適切でないと甲が判断した場合。
    ③ 乙が第3条、第10条、及び第12条2項に違反したと甲が判断した場合。

    第5条 予約日時の変更
    1. 乙が、受講契約成立後、予約が確定している講座の予約日時の変更を希望する場合、各予約日時の2日前までに、甲指定のEメールアドレスまでEメールで申し出るも。甲は、各予約1回に限り無料で受け付ける。但し、変更は、担当講師が対応可能な日時に限る。
    2. 1項に関して、乙の変更希望日時と担当講師の対応可能日時の擦り合わせができない場合は、予約日時の変更はできず、乙が講座を受講できない場合、甲は、その講座を欠席として取り扱う。
    3. 甲は、原則として、各予約日時の1日前以後は、乙による講座の予約日時の変更の希望を受け付けない。
    4. 乙による予約日時の変更希望が、最初の予約日時から2回以上に及ぶ場合は、甲は、原則として、変更を受け付けない。

    第6条 欠席の取扱い
    乙が講座を欠席した場合、連絡の有無及び理由の如何を問わず、甲は、原則として、振替、代替及び補講は行わず、その講座受講料を返金しない。

    第7条 教材について
    1. 対面で実施される講座で使用する教材等は、原則として、講座内で、甲より乙に印刷物を手交する。
    2. オンラインで実施される講座で使用する教材等は、甲より乙に、Eメールにファイル(基本PDF)を添付する形で、原則として講座予約日時の3営業日前までに送付する。なお、この場合、甲は乙に対して、これらの印刷物の提供は行わない。

    第8条 インターネット接続及びZoomウェブミーティングの準備
    1. オンライン講座は、ミーティング用Zoomクライアント(ソフト又はアプリとも呼ぶ、以下「Zoom」という)を使用して実施する。
    2. 乙は、オンライン講座を受講するにあたって、Zoomがスムーズに使用できるインターネット接続回線、及びWebカメラを備えた接続端末(ソコン、スマートフォン、タブレット等)を自己の責任において準備する。
    3. 乙は、自信が使用する接続端末に、自己の責任においてZoomをインストールする。
    4. 甲は、Zoomのインストール及び操作方法については、乙に対するガイダンス並びにサポートを行わない。
    5. 乙が利用するインターネット接続回線、接続端末の不備については、甲は責任を負わない。これらの不備により講座の実施に支障が発生した場合、又は継続が困難となった場合、甲は講座の時間延長及び代替措置を講じない。

    第9条 参加用URL及びID・パスワードについて
    1. 甲は、受講契約成立後、講座を受講するための参加用URL及びID・パスワードを発行し、乙へ受講案内書に記載するかたちで連絡する。
    2. 乙は、講座の受講にあたり発行された参加用URL及びID・パスワードの使用ならびに管理について責任を負い、いかなる第三者にも貸与及び譲渡はできない。また、理由の如何を問わず、これらが第三者に使用されたことにより乙に生じた損害については、甲は一切の責任を負わない。
    3. 乙は、参加用URL及びID・パスワードを忘れた場合、並びに盗用された場合には、速やかに甲指定のEメールアドレスまでEメールで申し出る。

    第10条 著作権
    1. 講座に関する著作権は、甲または使用するテキストや資料等の作成者に帰属する。乙は、配布するテキスト、レジュメおよびその他一切の教材の複写複製、または他での使用はできない。乙は、私的な目的であっても、内容多少によらずSNS、ブログ等インターネット上の媒体への内容の掲載もできない。
    2. 乙は、原則として講座内容を録画・録音することはできない。但し、面接対策の講座において、乙自らが行うロールプレイの内容については、特別に講師およびロールプレイの相手の許可(口頭による許可を含む)を得た場合であって、乙の自己学習目的に限り録画・録音を認めるものとする。録画・録音に関しては、特別に講師およびロールプレイの相手の許可を得た場合であっても、それを複写複製または他で使用することはできない。また、インターネット上へのアップロードもできない。
    3. 乙は、講座の具体的な内容をインターネットや出版物等を通じ公表することはできない。

    第11条 免責事項
    甲の責めに帰さない事故ならびに講座を実施する施設内において生じた盗難および紛失などについては、甲は責任を負わない。

    第12条 情報保護
    1. 甲は、本講座に関連して収集した情報については、個人情報保護法を遵守し、適切に取り扱う。
    2. 乙は、本講座に関連して知りえた個人情報等を第三者に開示できない。

    第13条 通知
    乙は、住所、氏名、Eメールアドレスを変更したときは、遅滞なくその旨を書面により甲に連絡しなければならない。変更の通知がない場合、甲は乙に送付すべき郵便物および送信すべきEメールは、受講申込みフォームに記載された乙の住所およびEメールアドレス宛に発送・発信すれば足り、その郵便物およびEメールは通常到達すべき時に到達したものとみなす。乙に発送された郵便物が乙の不在のため郵便局に留置されたときは、留置期間満了時に乙に到達したものとみなす。

    第14条 責任の制限
    講座に関連する乙の損害賠償請求に対する甲の損害賠償責任は、講座受講料を上限とする。

    第15条 管轄裁判所
    本契約に関して問題が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の合意管轄裁判所とする。

    第16条 その他
    甲は、乙の承諾を得ることなく、本約款の内容を変更できるものとする。なお、変更後の約款については、甲の公式HP上に公開する。

    AGヒューマンサービス株式会社
    代表取締役 中里 文子

    制定 2017年4月28日
    改定 2021年4月13日

    【受講約款】に同意する。(必須)